読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

exlibris

Whatever you do, Whatever you say, Yeah I know it's alright

『アメリカとアメリカ人』

『チャーリーとの旅』のあとに書かれた本でたぶん60年代後半のアメリカとアメリカ人についての文明論。戦前のカリフォルニア日系人の話や、ネイティブアメリカンのエピソードなど興味深い。

アメリカ人が世界のほとんどの人びとより早く発見したことは、才能は生まれと関係がないということだった。

フィクションについて、歴史を理解するために必要というのはわたしにとって都合がいい。歴史を勉強しただけでは想像できないことを、スカーレット・オハラを通じて、南北戦争時の人々の暮らしや社会を知ることができる、とジョン・スタインベックは言う。わたしは見てないけど、いま日本人が坂本龍馬ブームに踊っているのも悪いことじゃないのかな。

:『アメリカとアメリカ人』