読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

exlibris

Whatever you do, Whatever you say, Yeah I know it's alright

『第四の手 』

この本に書かれてたのはJohn Irvingは現代のディケンズになろうとしてるとかなんとか。たしかに少年の成長物語ではそんな雰囲気になってる気がするけど、ひさびさ大人の話でセックスばっかりで暴力はちょっとしかないけど、第四の手というのも、わたしが最初から想像してたとおりのものだったし、裏切りもてらいもなくてよかったと思う。小説の中にほんとうの物語、「イギリス人の患者」とたぶん「シャーロットの贈り物」、「スチュワートの冒険」が出てくる。ベットの中で本を朗読してくれるシーンはちょっとそそる。電話で語られるのはいや。

Amazon:『第四の手 』