読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

exlibris

Whatever you do, Whatever you say, Yeah I know it's alright

会社人間の死と再生

会社人間の死と再生扶桑社 村上龍

おどろおどろしいタイトルだけどインタビュー集なので数時間であっさり読めます。金融とかゼネコンなんかはあまりにも縁遠いのでしっかり読まなかったけど、外資系IT企業のひととか、倒産経験者とかは身近で他人事とは思えない。一番面白かったのは脱サラ起業者で、元一流企業のサラリーマンは年収は激減してるみたいだけど、楽しそうだった。

村上龍が言っていたけど、50代くらいの人で、趣味で自己実現してる人ってやっぱりほとんどいなくて、仕事で何かを残していく、ってところ。わたしはわりとオールドタイプなので、これはうなずける。「競争に勝って高収入を得る、家族との幸福な食卓、余暇を活かして趣味を楽しむ、いろんな価値観があるのけど、やりたくないことを徹底的にやらないというようなマニアックな選択肢」もあり、というのはなるほどね、と思った。今は何がやりたいか、ってよりはやりたくないことの方が圧倒的に思いつくし。

2003年2月初版とあり、JMMとの連動した企画だったのかもしれない。またメルマガ読んでみようかなと思う。