読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

exlibris

Whatever you do, Whatever you say, Yeah I know it's alright

冬の猿

未亡人の一年文遊社 アントワーヌ ブロンダン 野川 政美 (訳)

曇天の冬のフランス郊外という雰囲気は伝わるけど、35歳の酒に溺れる子持ち男にも、60歳の戦争体験を引きずる男にも、また彼らの気持ちが交わるところにも、どれにも感情移入できず、よくわからない作品でした。

あのくらい飲みほしたいという気もするけど、最近は飲みすぎては後悔するばかりだし・・・オェ。

「読みはじめたからという理由だけで最後まで本を読むことはない、ということに気づくには35歳というのはよい年齢だ」とかなんとか、最近読んだ別の本に書いてあったような気がするけど、わたしにとってはこの本はそんなだったのかもしれない。

装丁がいいなと思ったら映画化されてるらしいので、そのラストシーンなのかも。フーケ役はジャン・ポール・ベルモンドらしいので、ちょっと見てみたい気もする。

出版元の文遊社のラインナップ、おもしろい。