読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

exlibris

Whatever you do, Whatever you say, Yeah I know it's alright

ジョン・アーヴィングの世界

サンリオ ジョン・アーヴィング

1986年1月出版の今はなきサンリオの本。

この本もいいけど、当時のサンリオ文庫のラインナップがすごい。

・ G・マルケス 『エレンディラ』

・ K・ヴォネガット 『ヴォネガット、大いに語る』

・ J・アーヴィング 『ガープの世界

・ T・ピンチョン 『競売ナンバー49の叫び』

などなど。

当時わたしは13歳。

ライ麦畑』が14歳(小沢健二は12歳とか言ってたな)で、それ以前は子供向けの文学全集のほかは何を読んでたのか、全く覚えてない。