読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

exlibris

Whatever you do, Whatever you say, Yeah I know it's alright

ヴァインランド

新潮社  トマス・ピンチョン, 佐藤良明 (訳)

初ピンチョンは380ページで挫折。

DLの日本での少女時代のあたりはぐいぐい読ませるし、「なんでこれ映画化されないの?」と思ったけど、フレネシの学生運動とかは、やはり時代背景やなんかがわからないとついていくのが難しい。

佐藤良明の訳はそれほど悪くないと思うのだけど、注釈はうんざりする。

まぁ、今の気分の問題もあるだろうから、またいつか挑戦しよう。

「V.」は学生の頃から読んでみたい!と思っているのだけど、読めるようになる日は来るのだろうか・・・。

一緒に図書館で借りたアーヴィングのオウエン・ミーニーもあまりすすまない。今回は読み終えることができないかもしれない。でもこんな文章が書けたらすてきだな、と思ったので引用しておく。

----

今日、一九八七年一月三十日、トロントでは雪が降っている。犬の意見によれば、トロントは雪が降ると見違えるようになる。雪が降っているとき、犬を散歩に連れ出すのは楽しい。犬の熱狂ぶりが人にも伝染するからだ。

----

この日、1987年1月30日のことを、わたしは覚えている。前日は、14歳の誕生日で、いろんなことを一人で考えたからだ。

そのとき、これから先もわたしはきっとこんな風なんだろう、と気落ちしながら思った。そして、今にいたるまで、何度も感じたことだけど、わたしはその時とあまり変わってないような気がする。