読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

exlibris

Whatever you do, Whatever you say, Yeah I know it's alright

『セブン・イヤーズ・イン・チベット―チベットの七年』 ハインリヒ・ハラー 福田宏年訳

ダライ・ラマ自伝』よりずっと読みやすい。

あとがきに、ハラーは中国当局からマークされて、チベットに近づけないけどそれも「本望」と言ってるあたりに何かを感じて読み始めた。

ラサにつくまでの厳しい登山記録がほとんどだけど、後半はドーッと水が流れ込むようにチベット人にのめりこんでいく感じがよかった。

・・・違うかも。前半の脱走の間にも、チベットの地方の人々と出会ってるので、じわじわとなのかもしれない。

トラックバックしようと思って探したらすごい人を発見しました。

まだほとんど読んでないけど、全部読んでみたいです。

Miwa's bicycle trip around Tibet & India

三輪さんのアジア〜チベット自転車放浪記

つい最近、上記2冊ほか、河口慧海をお読みになった様子。

行く前じゃないんですね。現在の彼の地で読むとまた違った感じなんでしょうね。